ペニスがたたない原因

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → ペニスがたたない原因

目次
ペニスがたたない原因

男性は年齢的・肉体的な衰えでペニスが勃起しなくなるという話はよくあることです。
50歳を過ぎたあたりから男性機能に問題を抱える方もいるようです。
私は20代前半から恋愛関係にあった女性の致命的な裏切りによってペニスが機能しなくなるという経験をしました。今思えば学生時代のなんとよかったことか…
私は大学生のころ付き合っていた女性がいました。
当時のバイト先の先輩の紹介で知り合った彼女は笑顔が可愛く、さっぱりした性格で喧嘩も多かったですが彼女のことが大好きでした。
当然、肉体関係もありました。
肉体的にも性欲的にも一番旺盛な頃です。セックスに至る回数も多かったと思います。
付き合って2年ほど経った頃、連絡しても返事がないことが多くなり、不安に駆られていた時に、彼女に別れを告げられました。
理由は他の男ができたとのこと。私と付き合っていた時にはもう肉体関係もあったそうです。
浮気相手は彼女と同じ大学のサークルの先輩で、会える機会が多いからという私には理解できない理由でした。
私は激しく動揺しました。肉体関係だけでなく、心もつながってると思ってましたが相手はそうではなかった…浮気相手は自分よりいい大学の学生で将来性が私よりあったのも原因かもしれません。
その彼女は浮気相手と5年付き合ったのち結婚したそうです。
その報を聞いたときにはいよいよ、自分の何がダメだったのか、自分が近くにに住んでいれば、いい大学に在籍し、いい職場に就職できればこの現実は起こらなかったのかと、疑心暗鬼の日々でした。
セックスの相手を信じられなくなると、見事にペニスが反応しなくなりました。
心がすさんでしまい、数年ほど精神的にどん底の生活をしてましたが、その間は本当に何をやっても勃起しませんでした。
気分転換にアダルトDVDを見ても、写真集を見ても、それこそ風俗店に行ってもダメでした。
私は、男としては終わったんだなぁ…と絶望を感じ、死ぬことも考えましたが、それこそ相手の思うつぼだと考え、生きて経済的に成功することこそ復讐だと信じて仕事を頑張ることにしました。
精神的にやや立ち直り、仕事もまぁまぁこなせるようになってきたころ、友人の紹介である女性と知り合いました。
今度も前よりもさらに遠距離に住んでる女性でしたが、相手から積極的に連絡をもらって何度かデートを重ね、相手から告白されました。
まだ自分には必要としてくれる人がいるんだと感激し、告白を受け入れて彼女との交際が始まりました。
遠距離恋愛であったため、会う回数は2週に1回くらいと少なかったですが普通にセックスもできるようになりました。
しかし、そんな生活も長く続きませんでした。
彼女にタブレット端末を貸していて、いったん返してもらった時に見るつもりもなかったのに偶然見てしまったLINEには、他の男との浮気し放題の内容が赤裸々につづられてました。
旅に出たいから、現地の男に体を売って1日に7回もセックスしたとも書いてありました。
そんな彼女が私と付き合っていいた理由は、今風に言えばATMとして利用されていたみたいです。
確かに、交際費は全部自分が出していました。
私は心底絶望しました。彼女との関係を断ち、毎日悔しさと憎しみに焼かれながら生活してますが、やはりペニスは勃起しなくなりました。
今度に関しては、精力サプリ勃起薬も使ってみましたが、効果はさっぱり。
情緒不安定も進み、心療内科にも通う日々です。
若くして勃起しなくなった人の原因の中には間違いなく「女性を嫌悪してしまう・女性の裏の顔を想像してしまう」というのもあると思います。
だからと言って別に男性に性の対象を替えたわけではありません。
LGBTを嫌悪はしませんがそういう性癖はないし、性的対象は女性なのですが「可愛いなあ」「綺麗だなあ」と思っても、そこで止まってしまいます。
女性は自らの性、体ををお金に換えることができる、ということを認識してしまうとどうしても体が反応しなくなってしまいます。
世間では、女性が性的弱者として扱われますが、世の中にはまちがいなく自分の性を武器にする女性がいて、そういった女性こそが性を盾にして弱者ぶるということです。
これからの私が再び心から信頼できる女性に出会えるかはわかりません。
ただTVで弱者ぶった女性を見るたびに、どうしようもなく不条理な感情が沸々と湧き上がってくるのは事実です。
男性の中にも、女性を食いものにするクズのような男もいることもわかります。
実際はそちらのほうが多いのだと思います。
でも、現在の「女心」という微妙過ぎるものを絶対の盾として、弱さを武器にする女性は今の自分には性的対象には程遠いな…と思ってしまいます。
いつか…いつの日にかもう一度愛することのできる女性に出会い…その前に安易にたぶらかされる男にならないように研鑽し、経済力以外にも魅力的な男性になることが、私の人生を狂わせた二人の女性に対する報復だと信じて今頑張ってます。

ページの先頭へ