朝立ちと精力の関係について

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → 勃起力を高めるサプリ

目次
朝立ちと精力の関係について

「近頃、朝立ちしなくなった気がする」という場合、精力低下のサインといえます。
特に、朝立ちしないうえに性交中にも勃起を維持するのが難しくなっている場合は、確実に精力が低下しています。
その原因としては、以下のような物が考えられます。

1.男性ホルモンが少なくなっている

「テストステロン」などの男性ホルモンは、性欲を高める働きがありますが、これが少なくなると朝立ちしにくくなります。
男性ホルモンが少なくなる理由はいくつかありますが、最も多いのは「加齢」です。
男性は、年をとるごとに若さを伴った男らしさが減ってきますが、それは男性ホルモンが少なくなっているからです。
昔はいつも朝立ちしていたのに、近頃はめっきり朝立ちしなくなっているという場合、男性ホルモンが少なくなっているのかもしれません。

2.睡眠が足りていない

これはなかなか気付きにくいのですが、睡眠不足や睡眠の質が変わることで朝立ちしなくなることもあります。
特に、若い人は睡眠を軽視しがちですが、睡眠時間が足りていないと免疫力が低下し、体調が崩れやすくなります。
また、人間の体は眠気を感じると「コルチゾール」というホルモンが生成されるのですが、これは量が増えると血管を収縮させるという働きがあるので、下半身に血液が集まりにくくなり、勃起が妨げられるおそれがあります。
また、睡眠時間を十分とっていても質が悪いと疲労などがあまり回復されないので、たくさん寝た割に疲れが抜けず、朝立ちも起きにくくなったりします。

3.食生活が乱れている

これは、就寝前に食べる物が朝立ちに影響を与えているということではなく、普段の食生活が偏っていることで体にダメージが溜まって行き、朝立ちしにくくなるということです。
特に、インスタント食品やファストフードには多くの添加物が含まれているので、これらをよく食べているという場合は、朝立ちに影響が出る可能性が高いといえます。

4.筋力が低下している

ある程度の年齢になると、仕事や家族と過ごすことに時間をとられ、運動不足になりがちです。
また、加齢の影響で男性ホルモンが少なくなっていることも加わると、筋力はかなりの勢いで低下して行きます。
それによってさらに男性ホルモンが少なくなるので、朝立ちしにくくなってしまいます。

5.ストレス

現代はストレス社会ともいわれるように、多くの人がストレスを抱えています。
ストレスは病気の原因となるだけでなく、血管を収縮させるという働きもあります。
また、日常的にストレスを感じていると交感神経が優位になるので、不眠になることもあります。
それらの結果、朝立ちしにくくなってしまうのです。

6.飲酒および喫煙

タバコには多くの有害物質が含まれていますが、これらには血管を収縮させる働きがあります。
一方、アルコールには血管を拡張させる働きがあるのですが、過剰に摂取すると神経の伝達に異常が起きやすくなるので、やはり朝立ちの障害となるといえます。

ここまで朝立ちしなくなる原因を見て来ましたが、ここからは精力を増強させ、朝立ちを改善する方法を見て行きましょう。

1.食生活を見直す

もし食生活が偏っているなら、とりあえずバランスのよい食生活に変えて行くべきです。
それにプラスして、精力増強に効果のある食品を採り入れて行くとよいでしょう。
具体的には、「亜鉛」「アルギニン」「シトルリン」が含まれている食材です。
亜鉛は「牡蠣」に多く含まれており、アルギニンは「肉類」「魚類」「大豆」などに多く含まれており、シトルリンは「スイカ」や「メロン」などに多く含まれています。

2.適度に運動する

もし、筋力が低下しているという自覚があるのなら、日常生活の中に適度な運動を採り入れましょう。
運動することは、筋力を付けるだけでなく、「ストレスの軽減」や「血流の促進」などの効果がある他、体力が付くことで疲れにくくなります。
また、運動の中でも「筋トレ」は筋肉に大きな刺激を与えるので、普通の運動よりも大幅な男性ホルモン量の増加などが期待できます。

3.睡眠の質を向上させる

睡眠の質が向上すれば、それほど多く眠らなくても疲労が取れやすくなります。
最も手軽にできる方法は、「就寝前に水分を摂る」という物です。
眠っている時というのは意外と汗をかくのですが、それにより喉が渇いて夜中に目が覚めてしまうということを防げるのです。
ただし、冷水は体を覚醒させるので、人肌くらいの温度の水を飲むようにしましょう。

また、就寝前にはテレビやパソコンなどの画面を見ないようにするということも大切です。
これらの画面からは光が出ており、スムーズな就寝を妨害する働きがあるからです。

4.飲酒および喫煙を控える

上でも述べたようにタバコやアルコールは朝立ちの妨げになるので、できることならやめるべきです。
ただし、タバコを吸ったりアルコールを飲んだりしたほうがスムーズに寝られるという人もいるので、そのような場合は無理にやめる必要はありません。

勃起力と精力を上げるリペニア

ページの先頭へ