勃起力を上げる方法

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → 勃起力を上げる方法

目次
勃起力を上げる方法

まず、成長した男性の自然な行為として、マスターベーション(自慰)が存在します。
このマスターベーションは思春期の時期に多く確認されていますが、
若い男性の中では6歳また、遅い男性でも18歳前後で習得するものです。

この発情期において重要な勃起する力は若ければ若いほど強くなります。
では、この勃起力を上げる方法、衰えさせない方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、一般的に健康の面からストレスは大敵です。
好きな異性がいるのに、授業中だから勃起を我慢するとか、陰毛が衣服に絡みついて痛いなどです。
このため、なるべく我慢せずに隠す、陰毛を時々トイレでカットして流すことは自然な勃起力に繋がります。

次に、意外と人間として重要なことですが、ナチュラルセックスを営むことです。
例えば、結婚後に夫婦二人になったときでも、旦那さんが奥さんの体を求めずAV鑑賞で解決する人がいます。
これは、ナチュラルセックスでなく女性の体の柔らかさや女性の陰毛などを感じることで女性への魅力を維持することが出来ます。
なお、そのままAV鑑賞を楽しむ男性は、女性の体に抵抗力がついて、子供を作ることも難しくなります。

そして、勃起力を向上させるアイテムとして薬を使う方法もあります。
10年ほど前に一般の方でも購入が可能となった「バイアグラ」がその1つです。
これは、確かな効果が確認されているものの、高級品であることと、効果が持続的でない側面があります。
男性の不妊治療として処方される場合もありますが、自然と勃起力を高めたいのが本音でしょう。

なお、この治療の意味とは逆に、セックス依存症になる人もいます。
セックス依存症とは、常に性行為のことが頭から離れず、バイオレンスな行動に走る人もいます。
いわゆる痴漢や性的犯罪などの行為を繰り返す人がセックス依存症に該当しているケースが多いです。

男性の場合は勃起力が上がれば、女性を性行為に誘いやすい、相手を喜ばせることができる。
そのように考えることが出来ます。要するに、何か心的外傷や障害、薬の弊害などがない限り、
ポジティブな考えでいれば、勃起力はそこまで衰えません。プラスイメージが大切です。

もう少し、掘り下げると最初に説明したマスターベーションを行ったタイミングが男性の勃起力を左右しています。
例えば、小学生の頃に女性と密に関係を持った場合、その快楽は男子にとって非常に強く、忘れがたいものになります。
そのため、小さい頃から女子とのやり取りが上手だったり、逆にコンプレックスを抱えてしまったりする人もいます。
とはいえ、18歳でマスターベーションをようやく覚えるようでは、皮膚も新鮮でないまま快楽の感覚はあまり強くありません。
つまり、若ければ若いほど勃起力を高めることが出来るのです。

また、勃起力を確かめるために自慰を行うとすれば、そのまま下半身裸の状態で楽しむのはナンセンスです。
まず、体で覚えた女性の感触を頭でイメージしながら、楽しむのがよく、もしなければ安全なお店で女子とキスしたり、
触ったりすることで、印象を薄れないようにします。もし、ソフトや動画などに頼ってそのまま継続していたとすれば、
必ず本当の女性の前で裸になっても勃起力がまったくない状態になり、それは恥ずかしいでしょう。
ただ、せめて思い出や感触を残しておきたい方は「パンティーのお持ち帰り」というサービスのあるお店もありますので、
それを汚さないように利用すれば、頭の中ではリアルな過去の女性体験を味わいながら早めに射精することが出来ます。

射精する時間も重要なポイントで個人差はありますが、6歳の子供では10秒も経たないうちに勃起してすぐ射精しますが、
20-30歳を過ぎると、1時間経ってようやく勃起してきて射精という男性もいます。これは勃起力の問題です。

結論をまとめると、思春期の頃に女性と友だちになったり、会話をしたり、手を組んだりといったスキンシップを取ること。
また、実際にストレスのない環境を維持して健康な状態で映像や道具に頼らず、女性の感触を思わせながら、自慰すること。
これらが重要なポイントです。

なお、最近は性風俗のお店で梅毒が流行っているという情報がありますから、下手に女性に手を出さないようにしましょう。
人は一生涯のうちで必ず女性と出会うタイミングや婚期が待っていますから、そのためにも勃起力は維持していきたいですね。

最後に、勃起力は年齢の経過とともに衰えてきますが、おおよそ20歳から30歳までが発情期に該当します。
それを過ぎてしまうと、立たないという状態に陥ることになります。相手を想う気持ちがあっても立たない、勃起力がない、
というのはある意味、男性の体からも相手への気持ちが伝わらないわけですから、とても悲しいでしょう。
なるべく、若いうちに知識を得て経験をしておくことが大切です。好きな女性を見つけて恋するのも良いでしょう。
人間は体が資本ですから「若さ」を保つことが勃起力を強くする秘訣です。

中折れせず勃起力を高めるサプリの記事こちら

ページの先頭へ