トンカットアリと勃起力との関係

ED 精力剤

ホームEDの記事一覧 → トンカットアリと勃起力との関係

目次
トンカットアリと勃起力との関係

トンカットアリは、男性ホルモンのテストステロンを生成する多くの栄養素を含んでいて、服用することでテストステロンが増加することがわかっています。

テストステロンの量が増えることで、性欲が向上し勃起力をアップさせることができますし、そのほかにもアンチエイジングや筋肉増強効果など、目に見える効果だけではなく、モチベーションの向上や集中力の向上など精神的にも作用します。

加齢によって男性ホルモンが低下すると、精力減退や勃起力が低下してしまいますから、トンカットアリが男性にとって必要不可欠な成分であるかがわかります。

トンカットアリの代表的な効果・効能として、勃起力の向上があげられます。
勃起力の向上は、シンガポールやマレーシアのマウスをつかった研究でも確認されていて、男性ホルモンのテストステロンの増加がみられるという報告があがっていますから効果は確かだといえます。

勃起力が不足する原因の一つとして、加齢による男性ホルモンの分泌量の低下が考えられますから、トンカットアリを摂取することでテストステロンの分泌を促し、その結果大きな勃起力向上が期待できます。

精力増強も、トンカットアリの代表的な効果の一つです。
男性ホルモンのテストステロンが増えることで、ドーパミンを分泌させて、性欲を向上させたり、勃起するために必要な一酸化窒素を発生させる働きがありますし、筋肉増強やアンチエイジング、精神的にもモチベーションの向上などさまざまな効果が期待できます。

トンカットアリは動脈硬化の予防にも効果があることが知られています。
これはアルカロイドやサポニンによる抗酸化作用や血液の循環をよくする成分があるためだと考えられています。
一般的に動脈硬化の原因は、コレステロールや脂肪が、体内で酸化して血管を詰まらせることが主な原因ですから、トンカットアリに含まれているサポニンが持っている酸化を防ぐ作用とアルカロイドがもっている血管を拡張させて血液の循環をよくする働きによって、動脈硬化を予防するとともに、勃起力アップにもつながります。

そのほかにも、トンカットアリにはストレスを緩和する効果もあります。
トンカットアリにはアルギニンとアルカロイドが含まれていますが、アルギニンはストレスによる循環器系のトラブルを抑制することがわかっていますし、アルカロイドは心身をリラックスさせる効果がありますから、その結果ストレスを緩和させる効果が期待できます。

ストレスがたまると体を老化させたり疲労を蓄積させる原因になります。その結果精力減退や勃起力の低下にもつながりますから、ストレスを緩和させるトンカットアリは、非常に貴重な成分だといえます。

人気記事!チントレ(ペニストレーニング)とペニス増大への効果

またトンカットアリには苦み成分のカッシノイドという成分が含まれていて、ガン予防に効果的だと言われています。 ガン細胞は毎日発生していますが、すべての人がガンにならないのは、腫瘍化する前にガン細胞を破壊しているからです。
ただ年齢を重ねると、免疫システムが弱ってしまいガン細胞が発生してしまいます。ガンにならないためには日頃から予防を行うことが大切です。
その予防法の一つとして、カッシノイドが医療業界でも注目を集めています。

トンカットアリは男性ホルモンのテストステロンの分泌が促進されますから、筋肉増強効果があるということになります。
そのためトンカットアリは、アスリートなども飲む筋肉増強用のサプリメントなどにも広く使用されている成分で、 テストステロンは筋肉に直接働きかけることで、筋肉に必要なタンパク質を作り出すことが可能となります。
またトンカットアリは成長ホルモンを刺激してタンパク質の合成を促進してくれますから、テストステロンの量が多い男性は、少ない男性よりもより筋肉がつきやすいといえます。

トンカットアリは、ニガキ科のハーブで、基本的に東南アジアで採取することができ、ボルネオ島やマレーシア、スマトラ島などが代表的な産地としてあげられます。

東南アジアでは古くから精力向上・勃起力向上作用のある食材として、親しまれてきたもので、根を煎じてお茶のように飲むのが一般的です。

ただお茶でのむのは苦みが強く私たち日本人にはなれないため、粉末にしたものをカプセルにいれてサプリメントとして飲むのが日本では一般的な方法となっています。

トンカットアリにはアミノ酸の一種であるアルギニンが含まれています。
アルギニンは加齢によってどんどん生成しにくくなっていくため、摂取量を増やしていく必要があります。

アルギニンは全身の血流を促進する作用があり、血流をよくするには血管を広げてあげる必要があり、一酸化窒素を体内で生成させなければなりません。
アルギニンは一酸化窒素の生成をサポートする力があり、アルギニンを摂取することで勃起力アップにも効果的です。

またアルギニンには成長ホルモンの合成を助ける作用もあり、筋肉増強ややる気の向上、集中力アップなど脳への効果も期待できます。

トンカットアリは、基本的に副作用の心配はありませんが、過剰に摂取してしまうと下痢や腹痛、嘔吐などの症状がでてしまうことがありますから、摂取する場合にはしっかりと用量を守るようにすることが大事です。

中折れせず勃起力を高めるサプリの記事こちら

ページの先頭へ