精子の量を増やす3つの方法

精子の量 精力剤

ホーム精子の量の記事一覧 → 精子の量を増やす3つの方法

目次
射精障害による男性不妊と改善方法

男性は睾丸が熱くなったり、ストレスを受けると精子の数が減ってしまいます。
精子の数や精液の量を増やすためには、食生活を改善し、ライフスタイルを改善することが大切です。

人間は口から入るものによって大きな影響を受けます。
精子の数もその例外ではなくバランスのよい食事をすることで精子を増やすことは可能です。

亜鉛は男性の性機能に大きく関係しているといわれています。特に精子の量を増やすためには必要な栄養素となります。
牡蠣にはこの亜鉛が豊富に含まれていますし、うなぎやアナゴ、牛肉などにも亜鉛は含まれていますから、普段の食事で積極邸に摂取することが大切です。

また山芋などに含まれているムチンには、タンパク質を効率よく吸収させる働きがあり、精子を作る際に必要なアミノ酸の吸収を促進します。
ムチンを多く含む食べ物には、オクラや納豆、山芋などがあります。

またカツオやウニ、アジ、わかめ、マカロニ、玄米には男性の精子を作るときの活性基となるセレンが含まれています。

そろそろ子供がほしいと思っても、自分の精子の数が少ないのではないかと心配に思っている人もいるかもしれません。
一般的に1ミリ四方に精子が1500万個以上存在すると、受精しやすくなるといわれています。精子の数は睾丸が熱を持ったりストレスを感じると生成を妨げてしまいますから、精子を増やす対策をとることが大切です。

睾丸は体の外についているのにはきちんとした理由があります。睾丸はほかの臓器と違い、熱をもつと効果的に精子を作り出すことができなくなってしまいます。そのためきつすぎるズボンを履かないことや、ブリーフではなくゆったりとしたトランクスを履く、熱いお風呂やサウナには入らないなど、睾丸を熱くしないようすることが大切です。

またストレスは性機能を低下させて精子の生成も妨げてしまいますから、1日に何度もリラクゼーションの方法を用いて、気持ちを落ち着かせることが大切です。

また喫煙は精子の数を減少させるだけではなく、奇形を生み出す可能性もありますから、禁煙することも大事です。

成人男性は1日に何百万、何千万個という精子を作り出していますが、すでに精子の数が少ないとわかっているのであれば、なるべく射精を控え精子の生成を増やすことが大切です。

食生活やライフスタイル、適度な運動などを行ってもまだ改善されない場合には、精力剤を試してみるとよいでしょう。
亜鉛やシトルリン、アルギニンなどは精子の量を増やしたり精力をアップさせるのには効果的な成分ですから、これらの成分が配合された精力剤がおすすめです。

精子の量と男性ホルモンの関係

精巣の働きは男性を男らしくするための、男性ホルモンを分泌する働きと、子孫を残すために精子を作るという2つの働きがあります。
それぞれの働きは加齢とともの衰えてしまい、男性ホルモンの分泌が少なくなると、男性更年期障害が起こったり、男性不妊につながってしまいます。

以前は不妊の原因は女性側に問題があると考えられていましたが、男性の年齢が上昇するに従い、精液の量や精子の濃度、総運動精子数、正常形態精子が減少していくことがわかっています。
全体の精液の量は加齢とともに減少していきますから、自然妊娠の可能性も低下してしまいます。

精子の量を増やしたり、老化させないためには
・禁煙する
・禁欲しすぎない
・睾丸を温めすぎない
・育毛剤に注意する
・肥満に注意
・食生活に注意
・しっかりと睡眠をとる
・飲酒は適度にする
・長時間の自転車に注意する
・精神的なストレスの軽減
このようなことに注意する必要があります。

たばこは酸化ストレスの原因となり、男性も妊娠率を低下させて流産率を上げてしまいます。
また禁欲期間が長すぎると、精子が酸化ストレスをうけて運動率が低下してしまいます。
睾丸を温めすぎると精子の量が低下してしまいますから、サウナや熱いお風呂は避け、ブリーフよりもトランクスをはくようにしましょう。

AGA治療薬のプロペシアは男性ホルモンに働きかけて、精液の状態を悪化させる可能性がありますし、睡眠不足は酸化ストレスの原因となります。
また長時間自転車にのるとサドルの圧迫で精液の状態が悪化したり、EDになる場合があります。

睾丸で作られた精子は、副睾丸に運ばれて10~20日間蓄えられます。この間精子は成熟して前進運動をする能力などを獲得します。副睾丸から精管を通り精嚢液によって成熟して、精液が作られます。

精子が作られてから射精までは70日かかり、1回の射精で放出される精子の数は1~4億匹になります。
男性不妊はこの精子の数が減少してしまうことで起こりますから、精子の数や質を上げるための対策をとることが大切です。

亜鉛はセックスミネラルともいわれ、精子を作るには欠かせない栄養素です。そのため亜鉛が配合されたサプリメントがおすすめです。

マカはアンデスの海抜4000メートル以上の高地で栽培されている植物で、炭水化物やアミノ酸、タンパク質、ミネラル、ビタミンなどの栄養素のほかにも、アルカロイド、サポニン、ステロイド、テルペノイド、アントシアニンといった機能性成分が含まれていますから、精子の量を増やして男性不妊を改善するには効果的です。

精子の量を増やす精力剤

精子の量についてあまり重要視していない人もいますが、実は精子の量というのは勃起の持続において、非常に重要となります。
精子の数は妊娠の確率を上げるだけではなく、精力全般を向上させる効果がありますから、勃起力や性欲を向上させたいのであれば獅子の量を増やす必要があります。

精子を増やすのにもっとも簡単な方法は、亜鉛を摂取することです。亜鉛はセックスミネラルともいわれるほど、精力には大変重要な成分で、亜鉛が不足すると精子欠乏症になってしまいます。

成人男性は1日に10mgを摂取することが推奨されていますが、通常の食事からでは7mg程度しか摂取することができず、慢性的な亜鉛不足となってしまいます。

また精子を増やすには亜鉛のほかにもアルギニンを摂取することが大切で、男性ホルモンのテストステロンを活性化させ、精液の生産量を向上させてくれます。射精で放出される液体の95パーセントは精液ですから、精液の量も重要となります。

精子を増やすには亜鉛とアルギニンが重要な成分となりますから、食事からではなかなか必要量を摂取することが難しいので、精力剤がおすすめです。

オススメの精力剤は、The GOLDです。
The GOLDはアルギニンや亜鉛だけではなく、ソフォンやトンカットアリ、シトルリン、イチョウ葉エキスなどの有効成分が配合されています。
ソフォンは東南アジア原産のハーブで、古くから現地住民の間で元気の源として使われていたマメ科の植物です。
体にエネルギーをチャージして、元気を維持するのに役立ちます。

トンカットアリは古くから現地の人々に利用されてきた、マレーシア原産のハーブで、男性の健やかな活力をサポートする働きを持っていて、世界中で広く利用されています。

シトルリンは体のリズムを整えて、元気と活力あふれる状態を作り、充実した夜の生活を実現するのに役立ちます。また男性そのものの元気の維持にも役立ちます。

イチョウ葉エキスは体のリズムを調整するのに有効なハーブで、頼もしい男性自身を維持することに役立ちます。

これらの成分以外にもThe GOLDには7種類のビタミン、8種類のアミノ酸、3種類天然ハーブ、5種類のミネラルが含まれていますから、より高い精力増大効果などが期待できます。

精力剤を飲むのは少し不安があるという人もいるかもしれませんが、The GOLDで使用されている原材料はすべて原料メーカーでのチェックと製造工場での複数回の品質チェックを行った上で使用されていますし、GMPを満たした向上で衛生・品質管理が行われていますから安全です。

精子の量を増やす方法の記事はコチラ

ページの先頭へ